雑誌・新聞型ブログリンクサイト向上blogコム
サッカーの歴史と現状-サッカー発祥の地は?・世界・国内のサッカー事情etc- サッカーに関する趣味入門総合サイト。サッカーの歴史・フットボール発祥の地・欧州ヨーロッパ・南米・アジア・日本国内のサッカー事情について初心者の方にも解りやすく解説していきます。サッカーについて学ぼう!
ブログリンクサイト向上blogコム初めての趣味入門向上コムとはブログリンク登録するサイトマップ利用規約よくある質問Q&A
リンク参加ブログ募集中
メニュー

スポンサードリンク

初心者向け日記集
『 向上blogコム 』
向上コムはブログ初心者・ビギナー向けの趣味・資格・生活ブログポータルサイト!「趣味の習い事教室日記」「スポーツの練習日記」「資格取得・検定試験勉強日記」など様々な趣味資格体験日記を紹介。面白い体験談や経験談・成功秘話や失敗談・興味深い苦労話や裏話・雑記・記録用のメモ帳・コツやポイントなどの独自の勉強法・練習方法を掲載した日記、雑学(トリビア)や基礎知識・専門用語などを網羅した記事、感想・批評を記したコラムやエッセイなど、個性的で人気の高いブログが満載です。日記を読んで新しい趣味や生き甲斐・資格・仕事を始めよう!

国内・海外からも
日本全国全地域のブロガーを紹介!
北は北海道札幌から仙台 新潟 宇都宮 東京都内 神奈川横浜 川崎 千葉 埼玉 静岡 神戸 京都 奈良 北九州 宮崎 福岡 鹿児島 沖縄県那覇まで全国47都道府県・市区町村、さらにアジア ヨーロッパ アメリカなど、様々な地域の趣味・資格ブログを紹介!
※アメブロ、ココログ、ヤプログ、ライブドア、ヤフー、ドリコム、FC2、シーサー、エキサイト、アセラ、楽天などの有名ブログサービスからみなさん参加中です。ブログが初めての素人ブロガー・初級者ブロガーからオリジナルの自家製ブログで参加中の上級者ブロガーまで、学生から主婦・サラリーマン・先生・20代30代女性・40代おじさん・中高年・お年寄りの方まで幅広く参加中! 全国からのご参加お待ちしています!
向上blogコムに参加

1. サッカーの歴史と現状/発祥・世界国内事情

2. サッカーのルール/基礎知識・道具

3. サッカーの魅力/フットボールの醍醐味

4. サッカーを観戦しよう/国内海外観戦のコツ

5. サッカーを始めよう/週末の草サッカーに参加

6. サッカー関連グッズ紹介/お薦めコレクション

※向上blogコムはブログ初心者向けの趣味・資格・生活ブログポータルサイト!「趣味の習い事教室日記」「スポーツの練習日記」「資格取得・検定試験勉強日記」など様々な趣味資格体験日記を紹介! ⇒リンク参加する

サッカーとは?

サッカーは世界で最も盛んなスポーツの1つで、200を越える国や地域で親しまれています。日本やアメリカなどでは「サッカー(soccer)」という名称が浸透していますが、世界的には「フットボール(football)」と呼ばれています。
主に足を使って1つのボールを操り、相手のゴールにボールを入れるという非常にシンプル且つ奥の深いスポーツで、イングランドやイタリア・スペイン・ドイツ・ブラジル・アルゼンチン・メキシコなどではスポーツの枠を越えた「文化」「人生」として多くの人に愛されています。


サッカーの歴史
サッカー(フットボール)の歴史は古く、中世イングランドで村の祭の1つとして村人達が1つのボールを蹴り合い決められた地点にボールを運ぶという催しが行われていた事から始まったという説や、中国で鞠を蹴りあう遊びがあり、そこから足でボールを扱って遊ぶというスポーツが生まれたという説もあります。イングランドがサッカー(フットボール)発祥の地という説が一般的ですが、正確な起源についてはまだはっきりとはわかっていません。 また、イタリアではサッカー(フットボール)とよく似たスポーツが盛んに行われていたとも言われています。
かつてはまだ地域によってルールが異なり、手を使っても良いとされるルールや、手は使ってはいけないとするルールなど様々でした。 19世紀頃にイギリス・ロンドンでルールを統一する協議が行われ、最終的に「手を使っても良い」=ラグビー、「手を使ってはいけない」=フットボール(サッカー)という形に分かれて行ったと言われています。 その後1908年のロンドンオリンピックでフットボールが正式種目の1つになりましたが、アマチュア規定の強いオリンピックではプロのフットボール選手を集める事が出来ないという問題が起こりました。そこでプロのフットボール選手でも参加可能な国際大会「FIFAワールドカップ」を開催するようになりました。


現在のサッカー(フットボール)事情
現在でもサッカー(フットボール)は世界的に人気が高く、多くの人々に愛されています。 ヨーロッパや南米ではスポーツの枠を越えた「文化」の1つとして定着しており、地元のクラブのユニフォームを着てスタジアムに足を運ぶ老人や街中でボールを蹴り合う子供たちの姿を目にします。 日本でも1993年のJリーグ開幕を期にサッカー人気が高まり、日本史上初のワールドカップ出場や、日本と韓国のワールドカップ共同開催、2006ドイツW杯出場など、サッカーに注目する機会が増えてきています。 日本で最も盛んなスポーツの野球をしのぐ勢いです。


欧州/ヨーロッパ
ヨーロッパにはスペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエA、イングランドのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガなど世界最高峰のプロサッカーリーグがあります。
世界中のスター選手のほとんどがこのヨーロッパの4大リーグに所属し、世界最高のプレーで観客を魅了しています。
最近では選手の年俸の高騰や50億円を超える巨額の移籍金、各国の資産家によるクラブチーム買収など、サッカーにおける金銭の動きが一段と激しくなっています。
ブラジル代表で現在ACミランで活躍するカカ選手の年俸は約10億円(イタリアセリエAでの今期最高年俸)、また、2006年ドイツW杯の決勝戦でイタリア代表のマテラッツィ選手に頭突きをして退場になった元フランス代表のジネディーヌ・ジダン選手は、当時イタリア・セリエAのユベントスからスペインの名門レアルマドリードに移籍する際の移籍金がなんと81億円と言われています。
1人の選手がチームを移籍するだけで81億円ものお金が動くなんて全く想像が付きませんし、81億円が一体どのくらいの金額なのかも解らないほどです。


南米/ブラジル・アルゼンチン
サッカーと言えば南米ブラジル・アルゼンチンが頭に浮かびます。ブラジル代表やアルゼンチン代表は世界で1・2を争うほどの強豪国です。 しかしブラジルやアルゼンチンのプロリーグはヨーロッパと比べるとスター選手の数が少なく、メディアに取り上げられる事も少ない為日本でもあまり馴染みがないかと思います。 どうしてもブラジルやアルゼンチンなどの南米のリーグは経済的な面でヨーロッパなどの経済先進国に劣ってしまう為、優秀な選手を自国リーグに招く事ができません。 なのでブラジルやアルゼンチン出身の優秀な選手達もヨーロッパのビッグクラブに高額の年俸と移籍金で引き抜かれて行ってしまいます。
しかし南米の各国がダイヤモンドの原石の宝庫である事に変わりありません。素晴らしい選手達が国内リーグで成長し、高額の移籍金と引き換えに巣立っていくことで経営を潤しているクラブもあります。
また、ファミリー意識の強いクラブが多いのも南米クラブの特徴です。
かつて高原直泰選手が所属していたアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズはクラブ全体が家族のように固い絆で繋がっている素晴らしいクラブという事で有名です。
1986年のメキシコW杯での「神の手ゴール」「伝説の5人抜き」などで知られる元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏もこのクラブを愛し続け、スタジアムに専用の観戦ルームを設置しているほどです。
また、アルゼンチン代表で現在ヨーロッパのクラブで活躍するリケルメ選手は、リベルタドーレス杯という南米チャンピオンを決める大会など重要な試合があるときは、所属しているヨーロッパのクラブから離れボカ・ジュニアーズの為に選手登録をし直して試合に出場、2007年のクラブワールドカップでは規約の関係で選手登録が間に合わなかったにもかかわらずチームの為に日本まで帯同し、練習の手伝いをしていたほどです。


アフリカ大陸
近年アフリカのサッカーのレベルが急激に向上してきています。
元々恵まれた身体能力を活かしたプレーや独特なドリブルのリズム・個性的なテクニックでヨーロッパや南米のチームを苦しめてきた国々でしたが、 最近ではスピードやパワーなどの個人能力だけでなく、緻密な戦術やチームプレーなど組織面で目を見張る成長を遂げています。
カメルーン代表で現在スペイン・リーガエスパニョーラのFCバルセロナで活躍するエトー選手や、コートジボアール代表で現在イングランド・プレミアリーグのチェルシーで活躍するドログバ選手など、素晴らしい素材を持った選手も多いため、アフリカの選手達はヨーロッパのビッグクラブから常に注目されています。


アジア・オセアニア
世界的に見ればアジアはまだまだサッカー後進国です。 しかし近年アジアの優秀な選手がヨーロッパや南米のクラブに移籍するようになり、また2002年にアジアで初のワールドカップが日本と韓国の共同開催という形で行われました。
韓国代表でかつてJリーグの京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)でプレーしていたパク・チソン選手はイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスターユナイテッドで活躍しています。
日本でも元日本代表の中田英寿氏がイタリア・セリエAのペルージャに移籍し、セリエAの年間最優秀外国人選手賞を獲得しています。その後セリエAの強豪ASローマに移籍し日本人初のスクデットを獲得(イタリア・セリエAのシーズン優勝)、ローマの王子様ことフランチェスコ・トッティ選手とはライバルとしてポジションを争いました。
また、現在はスコットランドリーグのセルティックで活躍する中村俊輔選手や、トルコの名門ガラタサライで活躍していた稲本潤一選手(現在ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルト所属)、オランダ・フェイエノールトで活躍していた小野伸二選手(現在ドイツ・ブンデスリーガのボーフム所属)はヨーロッパの最高峰のクラブが集まるUEFAチャンピオンズリーグに出場しました。
まだまだヨーロッパや南米からのアジアの選手に対する偏見や、ジャパンマネーなど経済効果が目的の日本人選手の獲得などがあると言われていますが、 今後たくさんの優秀な選手達が海外で活躍していく事でアジアのレベルが上がり、世界的な認識が変わっていく事に期待したいところです。


日本国内/Jリーグ・アマチュア
日本にプロリーグが誕生して15年が経ちました。しかし100年以上の歴史を誇るヨーロッパのサッカーと比べるとまだまだ歴史が浅く、ワールドカップの出場も1998年が初めて。日本のサッカーはまだ始まったばかりと言えます。
現在はJリーグディビジョン1(J1)・Jリーグディビジョン2(J2)に合計33のプロサッカークラブがあります。Jリーグ開幕当初は10チームしか無かった事を考えると、日本にも徐々にサッカー文化が根付きつつあるのだな…という事を感じます。
JFLや社会人リーグなどのアマチュアや女子サッカーなど下部の組織も充実し、最近では“なでしこジャパン”として女子サッカー日本代表がメディアに取り上げられる機会が増えました。
ビルやデパートの屋上など狭いスペースで気軽に出来るフットサルが学生や若い女性・サラリーマンの間で広まりつつあり、経験者・未経験者問わずサッカーと触れ合う人々が増えてきています。



サッカー初心者物語  サッカー中年「富所よしかず」の小さな物語…

第1話 〜いつもの休日、日本代表の試合を観戦。…サッカーに少し興味を持つ〜

 どうもこんにちは、現在42歳の中年サラリーマン富所よしかずです。「とどころ」ではなく「とみどころ」です。趣味はスポーツ観戦。まあ、なんとなく漠然と観ているだけですが…(苦笑)。小学生の息子と高校生の娘がいるごく普通の父親です。
今日も普段通りのんびりと休日を過ごしています。今日はサッカー日本代表の国際Aマッチがあったのでビールを呑みながらテレビ観戦していましたよ。 最近は若い選手ばかりで知っている選手が少なくなりました。昔はカズとかゴン中山とかラモス瑠偉とか、個性的な選手がたくさん居たんですがねぇ。みんな同じ選手に見えますよ。…といってもなんとなく漠然と観ているだけなんですけどね…。
あ、そうそう、うちの息子が小学校のサッカーチームに入りたいと言い出したので今度地元の少年団を見てこようと思っています。せっかくなんで自分も少しくらいサッカーのルールを勉強しようかなぁとも思っています。 なんせオフサイドがいまだに解らないですから…(苦笑)。
ところで、今日の試合はとっても大事な試合だったみたいですね。選手達が試合終了の笛と共に大喜びして、中には泣き出している選手もいましたよ。…え、今日はワールドカップの最終予選?で、今日の試合に勝ったからワールドカップの出場権を獲得したと…。なるほど、そういうことですか。いや〜漠然と観戦していただけなのでどういう試合なのかさっぱり理解していませんでしたよ…。そんなドラマチックな状況だったなんて、前もって知っておけばもっと今日の試合楽しめたのかな…。
全然サッカーに詳しくない私でもワールドカップくらいはわかりますよ、世界が注目する大会ですからね。かつてはジーコやマラドーナ、ベッケンバウアーなんかも出場していましたよね。あ、あとペレとかも。 息子のほうがやっぱりサッカー詳しくて、今はクリスチャーンノ・ロナウド(【正】クリスティアーノ・ロナウド)が人気らしいですね。二枚目で背が高くてサッカーも上手い。すごいですね。私なんて…はは…。一応昔バドミントン部で慣らしていましたが、中学校の時ですけどね、そりゃあもう地元ではカモシカのような細腕と呼ばれて、常に試合に出る選手達に水やおしぼりを渡したりしてサポートしてましたよ。その腕の振りのしなやかさといったらもう…。 今は運動をすることもなくなり、かつての面影もないほど太ってしまいました。
あ、明日仕事なのでそろそろ寝ようかと思います。…なるほど、サッカーか〜。オフサイ、オフサイッ。…明日本屋に行って探してみよう。

“サッカー”“歴代”お薦め・人気キーワード辞典
〜サッカー関連のお薦め商品・特徴・販売価格の相場・口コミ・お薦め・今流行りの人気グッズを続々紹介!〜

サッカーベストシーンDVDシリーズ ペレ・マラドーナ・プラティニ他
サッカーの王様ペレのスーパープレーを収録したDVD。1958年のスウェーデンW杯(ワールドカップ)で初優勝を遂げた当時の貴重な映像からNYコスモスの通算1000ゴール達成の瞬間まで、サッカーの王様が魅せるスーパープレー・ミラクルゴールの数々!サッカーファン必見の完全保存版DVD! 販売価格(相場):500円。
世界屈指のエースストライカー・点取り屋の異名を誇るアルゼンチンが生んだゴールハンター、ガブリエル・バティストゥータの『サッカーベストシーンDVD ガブリエル・バティストゥータ』、 ポルトガルの英雄マヌエル・ルイコスタの世界屈指のスルーパス・ミドルシュート・多彩なゲームメイク、世界が魅了される美しいプレーが収録された『サッカーベストシーンDVD ルイ・コスタ』、 その他にもイタリアの点取り屋フィリッポ・インザーギ、イタリアの重戦車クリスチャン・ビエリ、ウクライナの新生アンドリュー・シェフチェンコ、イタリアサッカー界最高の選手ロベルト・バッジョ、フランスの皇帝ミッシェル・プラティニ、オランダのルート・フーリットなど往年の名選手・スタープレーヤー達のスーパーゴールやインタビュー・歴史などが収録されたDVDが取り揃えられています。 そして、天才マラドーナの数々の奇跡的なプレー・スーパーゴール・世界最高のテクニックが収録された『サッカーベストシーンDVD ディエゴ・マラドーナ』ももちろん販売されています。サッカーファン・サッカー愛好家必見のビデオシリーズです!

サッカークラブチーム エンブレム型ステッカー・ワッペン シリーズ
現在世界一のクラブと言われるFCバルセロナのエンブレム型ステッカーから、スペインの名門クラブ・レアルマドリード、デポルティボ・ラ・コルーニャ、イングランド・プレミアリーグの名門アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、イタリア・セリエAの強豪ACミラン、アレッサンドロ・デルピエロ率いるユベントス、スクデッドの常連インテル、ボローニャ、ジェノア、ドイツ・ブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘン、その他にもスコットランドのセルティック、オランダのアヤックス、フェイエノールト、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズ、ブラジルのサンパウロFCなど強豪・古豪のステッカー・ワッペンがたくさんあります。 販売価格(相場):1枚600円。

ニュース・トピックス 〜最近起こった主な出来事やニュース・話題などの簡単な説明〜

なでしこジャパン、川澄の2ゴールでスウェーデンを破り女子W杯決勝へ進出(2011年07月14日)
女子サッカー・ワールドカップ、女子サッカー日本代表は14日に行われた決勝トーナメント準決勝でスウェーデンと対戦。前半早々にスウェーデンに先制点を奪われるが、FW川澄菜穂美(INACレオネッサ)のゴールで同点に追いつくと、後半にエース澤穂希、川澄菜穂美のゴールで逆転。その後もDF熊谷紗希(浦和レッズレディース)やDF鮫島彩(ボストン・ブレイカーズ/アメリカ)らの献身的な守備で守りきり3−1で勝利。初のW杯決勝進出が決定した。また、オリンピック・W杯を通して日本女子サッカー界初のメダルが確定した。決勝戦の相手はFIFA世界ランキング1位のアメリカ。日本時間18日の午前3:45からフジテレビで放送される予定。

J2プレーオフ制導入へ検討(2011年07月12日)
サッカーJリーグ2部(J2)で、来シーズンからプレーオフ制を導入する可能性が浮上してきた。現在はJ1下位3チームが降格しJ2上位3チームが自動的に昇格する自動入れ替え制が採用されている。

浅田真央と小塚崇彦がペア、練習公開(2011年07月11日)
2010年のバンクーバー冬季オリンピックで銀メダルを獲得した女子フィギュアスケートの浅田真央選手(中京大)と2011年の世界選手権で2位に輝いた小塚崇彦選手(トヨタ自動車)が、愛知県豊田市の中京大アイスアリーナで初のペア練習を公開した。 23日から愛知、青森、大阪で開催される東日本大震災のチャリティーアイスショーで披露される予定。

なでしこジャパン、開催国ドイツを破りベスト4進出(2011年07月10日)
女子サッカー・ワールドカップでのメダルを狙う女子サッカー日本代表は、10日に行われた決勝トーナメント1回戦で開催国で前回前々回のワールドカップ覇者ドイツと対戦。延長戦で澤穂希選手の正確なフィードを受けた丸山桂里奈選手が値千金のゴールを決め1−0で勝利。日本女子サッカー史上初の女子ワールドカップベスト4進出となった。次戦は13日にドイツのフランクフルトでスウェーデン対オーストラリアの勝者と対戦する。

HIDEBOHが日本ジャズダンス芸術協会特別公演に出演(2011年07月10日)
8月7日に新国立劇場中劇場で行われる日本ジャズダンス芸術協会特別公演に、日本のタップダンス界の第一人者HIDEBOHこと火口秀幸が出演。HIDEBOHはタップダンス集団THE STRiPES(ザ・ストライプス)に所属するタップダンサー。北野武監督作品「座頭市」のタップダンス指導・演出・出演をした人物でも知られる。

USAジャパン・チアリーディング大会開催(2011年07月10日)
アメリカ西海岸ナンバー1のチアリーディング普及団体USA(ユナイテッド・スピリッツ・アソシエーション)が主催するチアリーディング・ソングリーディング・ダンスの祭典が日本トップレベルのチームを募り今年も開催される。 7月17日18日に駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館に於いてジュニア・チャレンジコンペティション2011、8月2日に守口市民体育館に於いてジュニア・チャレンジコンペティション2011WEST、8月20日に船橋アリーナに於いて高校生以上の学生を対象としたNoviceチャンピオンシップ2011が行われる。 また、USAチアフェスティバル2011が10月16日に北本市体育センター(埼玉県北本市)で開催される。実施部門は、アピール部門、パートナースタンツ部門、チームパフォーマンス部門を予定。昨年は世界大会で2位に輝いた桜美林大学CREAM、男子チアリーディングチームの早稲田大学ショッカーズなど実力のあるチームが出場。

アクエリアス新CMで北島、石川、本田が夢の3競演(2011年07月09日)
7月9日よりオンエアされたアクエリアスの新コマーシャルで水泳の北島康介選手、ゴルフの石川遼選手、サッカーの本田圭祐選手が夢の競演を果たした。

なでしこジャパン決勝トーナメント一回戦の相手は開催国ドイツ(2011年07月07日)
女子サッカー・ワールドカップでのメダルを狙う女子サッカー日本代表は、5日に行われたイングランドとの対戦で0−2で敗れ、B組2位での決勝トーナメント進出となり、一回戦の相手が開催国のドイツに決定した。ドイツは前回前々回のワールドカップで優勝している強豪国。

柔道場経営者を男児への猥褻行為で逮捕(2011年07月07日)
7月6日、合宿中に男子児童の下半身を撮影したとして、準強制わいせつ容疑で不動産会社役員佐藤雄彦容疑者(46)が再逮捕された。 佐藤容疑者は柔道の経験がないにも関わらず柔道6段を装い道場を経営していた。

サッカーU−17日本代表、惜しくもブラジルに敗れる(2011年07月05日)
メキシコで開催されているサッカーU−17ワールドカップ。快進撃を続けていた日本代表は準々決勝で強豪ブラジルと対戦。惜しくも2−3で敗れた。しかし日本の技術の高さとパスワークは開催国のメキシコをはじめ多くの国で評価を受けた。

ソフトボールが2020年夏季オリンピックの採用競技候補に(2011年07月05日)
2020年に行われる夏季オリンピックの競技種目の候補にソフトボールが選ばれた。ただしソフトボールの他に、野球、空手、ローラー競技、スカッシュ、ウェイクボード、太極拳、クライミングの合計8競技が候補に挙がっており、採用はこの中から1競技となる予定。

2014年ソチ冬季オリンピック、新たに新種目12競技を追加(2011年07月05日)
2014年に開かれるソチ冬季五輪の競技種目に、新たに12の新種目を追加することが発表された。スキー男女スロープスタイル、スノーボード男女スロープスタイル、男女パラレル回転、スキー女子ジャンプ、フィギュアスケート団体、スキー男女ハーフパイプ、バイアスロン混合リレー、リュージュ・リレーの合計12競技が加わる。

熊川哲也氏が芸術監督に就任(2011年07月05日)
クラシック、オペラ、バレエの劇場として知られるBunkamuraオーチャードホールの芸術監督にバレエダンサーの熊川哲也氏が就任することが発表された。熊川氏は1989年に東洋人で初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団。1999年にKバレエカンパニーを創設し、振付・演出家としても活躍している。

フラダンス世界大会、日本予選(2011年07月03日)
7月2日に宮崎県でフラダンスの国内最大規模の大会が開かれた。この大会はフラダンスの世界大会「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」の予選を兼ねており、60を越えるチームがダンスを発表。本場ハワイでの出場権を賭けて競い合った。

名古屋オーシャンズがフットサル・アジアクラブ選手権優勝(2011年07月02日)
カタールのドーハで決勝が行われたフットサル・アジアクラブ選手権で、Fリーグに所属する名古屋オーシャンズが優勝。小暮賢一郎、森岡薫らの活躍で初のタイトルを獲得した。

インテル長友佑都選手の完全移籍が正式決(2011年07月02日)
サッカー日本代表でイタリア・セリエAの名門インテルに所属する長友佑都選手のインテルへの完全移籍が正式に決定。5年契約で年俸は200万ユーロ(2億3400万円)。現役選手としてはドイツ・ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人選手を越えて日本人トップの年俸。

高校女子初のラグビー7人制全国大会開幕(2011年07月01日)
7月26日から長野県菅平で行われるKOBELCOカップ2011に於いて、高校女子初の7人制ラグビーフットボール大会が開催される。7人制ラグビーは男女共に2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックの正式種目に決定している。女子の競技人口増加の切欠になる大会として期待される。

ガンバ大阪・宇佐美貴史選手がドイツの名門バイエルン・ミュンヘンに移籍(2011年06月30日)
Jリーグ・ガンバ大阪の宇佐美貴史選手(19)のドイツ・ブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘンへの移籍が正式に決定。期限付きのレンタル移籍で両クラブが合意。

アメリカンフットボール日本代表45人を発表(2011年06月21日)
7月に行われるアメフトの世界選手権に出場する日本代表選手45人を発表。QB(クォーターバック)には東野稔(アサヒビールシルバースター)、菅原俊(オービックシーガルズ)、高田鉄男(パナソニック電工インパルス)の3選手が選出されている。

名古屋オーシャンズのリカルジーニョがロシアのCSKAに移籍(2011年06月13日)
Fリーグの名古屋オーシャンズに所属するリカルジーニョ選手(25)がロシアのCSKAモスクワに1年間の期限付きで移籍することが決定した。昨年ポルトガルリーグのベンフィカから名古屋へ移籍。リーグ優勝に貢献し最優秀選手に選ばれている。

Fリーグ・ステラミーゴいわて花巻に相根澄監督が就任(2011年06月12日)
Fリーグに所属する岩手県を本拠地とするクラブ・ステラミーゴいわて花巻の監督に、相根澄監督が就任した。相根氏は現役時代、日本のフットサル界の第一人者として活躍。日本人選手として初めてフットサル・セリエAプレーヤーとなった人物。

今井翼がフラメンコを披露(2011年01月23日)
全国6都市でソロツアーを行っている人気アイドルグループ・タッキー&翼の今井翼(29)が得意のフラメンコを披露。情熱的なダンスでファンを魅了した。

入門1 サッカーの歴史と現状/発祥・世界国内事情

入門2 サッカーのルール/基礎知識・道具

入門3 サッカーの魅力/フットボールの醍醐味

入門4 サッカーを観戦しよう/国内海外観戦のコツ

入門5 サッカーを始めよう/週末の草サッカーに参加

入門6 サッカー関連グッズ紹介/お薦めコレクション














現在リンク参加ブログ募集中!初心者向けのブログリンク集!!⇒ リンク参加はこちら
トップ リンク登録 サイトマップ よくある質問Q&A 利用規約 管理人室
Copyright © 雑誌・新聞型ブログリンクサイト向上blogコム 2006-2010 All Right Reserved
メールアドレス不要、初めてリンク集に参加される方にお薦めの“初心者向けのブログリンク集”

スポーツ・音楽他 ブログ・カテゴリー一覧
サッカーサッカー観戦フットサル野球野球観戦バスケットボールバレーボールテニスソフトボールマラソン陸上競技水泳トライアスロンゴルフ柔道・剣道・空手他ストリート系ダンスラテンダンスモダン・ジャズダンス社交ダンスチアリーディングタップダンスフラダンスバレエスカッシュスキー・スノーボードラグビーアメリカンフットボールラクロスバドミントンハンドボール卓球弓道・アーチェリーフィギュアスケートプロレス体操・新体操ヨガ・ピラティスエアロビクスウォーキングスポーツクラブアウトドア登山クライミング釣りマリンスポーツヨット・カヌーモータースポーツ格闘技相撲ビリヤードダーツボウリング自転車車・バイク障害者スポーツその他のスポーツスポーツ観戦全般指導・チーム音楽・演奏声楽ピアノエレクトーン管楽器弦楽器打楽器邦楽器・民族楽器作詞・作曲バンド・シンガー劇団・舞台囲碁・将棋鉄道


資格・講座・教室・スクール一覧雑学・トリビア・人物・専門用語・基礎知識一覧 Vol.1 雑学・トリビア一覧表 Vol.2 雑学・トリビア一覧表 Vol.3
全国の主なサッカー競技場一覧 東北地方・関東・首都圏/アクセス・最寄り駅全国の主なサッカー競技施設一覧 東海・関西・九州地方/アクセス・交通手段サッカーに関する雑学・豆知識 〜Jリーガーの少年時代・下積み・高校時代編〜サッカー雑学・トリビア・豆知識 2010ワールドカップ南アフリカ大会・日本代表メンバー発表サッカー雑学・トリビア・豆知識 「オリベル・イ・ベンジ」全国の主なフットサル競技施設一覧 関東・首都圏・東北・関西・九州地方/アクセス全国のフットサルチーム一覧 Fリーグ・関東リーグ1部2部・関西・関東女子・東京女子1部2部フットサル用語・雑学・豆知識 Fリーグ試合観戦方法・趣味・個人参加・ポジション説明フットサル雑学・トリビア・豆知識 フットサル個人戦術バイブル・売れ筋参考書

-北は北海道札幌から仙台 東京都内 神奈川横浜 千葉 埼玉 静岡 神戸 京都 福岡 沖縄まで全国47都道府県・市区町村の趣味資格ブログを紹介!-
-趣味の習い事や地域の体験教室・スクール・専門学校の入学体験記・資格取得日記・合格体験記・勉強日記・スポーツの練習日記を随時募集中!-




【東日本大震災にともなう計画停電・対象都道府県・対象となる地域、関東・首都圏及び東海地方の一部地域】

第1グループ
A 栃木県 さくら市、大田原市、那須烏山市、那須塩原市、那須郡那珂川町、那須郡那須町、矢板市、小山市、芳賀郡益子町、芳賀郡市貝町、芳賀郡芳賀町、芳賀郡茂木町、宇都宮市、真岡市、栃木市、下野市、塩谷郡高根沢町、河内郡上三川町
B 群馬県 みどり市、伊勢崎市、桐生市、佐波郡玉村町、前橋市、渋川市、利根郡昭和村
C 埼玉県 さいたま市西区、ふじみ野市、狭山市、志木市、所沢市、新座市、川越市、朝霞市、入間郡三芳町、入間市、富士見市、和光市、秩父郡皆野町、秩父郡小鹿野町、秩父市、大里郡寄居町、秩父郡東秩父村、秩父郡横瀬町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町 多摩地域 東村山市、三鷹市、小平市、清瀬市、西東京市、東久留米市、武蔵野市
D 千葉県 安房郡鋸南町、鴨川市、館山市、君津市、市原市、袖ケ浦市、長生郡長南町、長生郡長柄町、南房総市、富津市、茂原市、木更津市、四街道市、いすみ市、佐倉市、山武郡大網白里町、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市中央区、千葉市美浜区、千葉市緑区、船橋市、長生郡一宮町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡睦沢町、東金市、八街市、八千代市、鎌ケ谷市、白井市
E 神奈川県 横須賀市、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市金沢区、横浜市港南区、鎌倉市、逗子市、藤沢市、川崎市川崎区、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、茅ヶ崎市、厚木市、高座郡寒川町、座間市、相模原市中央区、相模原市南区、大和市、平塚市、横浜市戸塚区、横浜市泉区 静岡県 御殿場市、駿東郡小山町

第2グループ
A 栃木県 下都賀郡岩舟町、下都賀郡野木町、鹿沼市、小山市、栃木市
B 埼玉県 狭山市、坂戸市、川越市、鶴ヶ島市、日高市、入間郡越生町、入間郡毛呂山町、入間市、飯能市、比企郡ときがわ町、羽生市、桶川市、加須市、久喜市、熊谷市、幸手市、行田市、鴻巣市、上尾市、北本市、さいたま市浦和区、さいたま市岩槻区、さいたま市南区、さいたま市緑区、越谷市、春日部市、川口市、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡白岡町、北葛飾郡杉戸町、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、吉川市、三郷市、草加市、北葛飾郡松伏町、蕨市
C 千葉県 佐倉市、習志野市、八千代市、市川市、松戸市、船橋市、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市美浜区
D 多摩地域 稲城市、狛江市、三鷹市、小金井市、多摩市、調布市、府中市、武蔵野市、日野市、八王子市、昭島市、国立市、町田市 神奈川県 相模原市中央区、相模原市緑区、川崎市麻生区、茅ケ崎市、高座郡寒川町、平塚市、横浜市旭区、横浜市瀬谷区、横浜市泉区、横浜市都筑区、横浜市緑区、海老名市、大和市
E 山梨県 甲府市、西八代郡市川三郷町、中央市、笛吹市、南アルプス市、南巨摩郡富士川町 静岡県 三島市、御殿場市、裾野市、駿東郡長泉町、沼津市、熱海市、田方郡函南町、駿東郡清水町

第3グループ
A 栃木県 宇都宮市、塩谷郡塩谷町、下都賀郡壬生町、下野市、鹿沼市、上都賀郡西方町、栃木市、日光市、下都賀郡岩舟町、河内郡上三川町、佐野市、小山市、真岡市、足利市 群馬県 館林市、太田市、邑楽郡千代田町、邑楽郡大泉町、邑楽郡邑楽町
B 埼玉県 志木市、新座市、朝霞市、和光市、さいたま市浦和区、さいたま市岩槻区、さいたま市見沼区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市北区、さいたま市緑区、春日部市、北葛飾郡杉戸町、さいたま市桜区、さいたま市西区、羽生市、桶川市、行田市、鴻巣市、上尾市、北足立郡伊奈町、北本市、熊谷市、児玉郡上里町、児玉郡神川町、児玉郡美里町、深谷市、大里郡寄居町、東松山市、比企郡滑川町、比企郡吉見町、比企郡小川町、比企郡嵐山町、本庄市、入間市、飯能市、所沢市 群馬県の一部 伊勢崎市、太田市、邑楽郡大泉町 多摩地域 あきる野市、羽村市、昭島市、西多摩郡奥多摩町、西多摩郡瑞穂町、西多摩郡日の出町、西多摩郡檜原村、青梅市、八王子市、武蔵村山市、福生市、国分寺市、国立市、三鷹市、小金井市、小平市、西東京市、調布市、東村山市、東大和市、府中市、武蔵野市、立川市、清瀬市、東久留米市 山梨県の一部 北都留郡小菅村、北都留郡丹波山村
C 千葉県 印西市、印旛郡酒々井町、佐倉市、山武郡芝山町、成田市、八街市、富里市
D 神奈川県 川崎市幸区、川崎市中原区、横浜市港北区、横浜市鶴見区、小田原市、秦野市、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町、足柄上郡松田町、南足柄市、横須賀市、鎌倉市、三浦郡葉山町、三浦市、逗子市、横浜市栄区、横浜市戸塚区、横浜市港南区 静岡県の一部 熱海市
E 山梨県 韮崎市、北杜市 静岡県 沼津市、三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町

第4グループ
A 栃木県 下都賀郡岩舟町、佐野市、足利市、栃木市 群馬県 館林市、邑楽郡千代田町、邑楽郡板倉町、邑楽郡明和町、邑楽郡邑楽町、邑楽郡大泉町、みどり市、伊勢崎市、桐生市、太田市 埼玉県の一部 熊谷市、本庄市、加須市
B 埼玉県 川口市、草加市、八潮市、さいたま市浦和区、さいたま市桜区、さいたま市西区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市南区、さいたま市北区、戸田市、さいたま市岩槻区、桶川市、加須市、久喜市、幸手市、上尾市、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡白岡町、北足立郡伊奈町、蓮田市、蕨市、さいたま市緑区、鳩ヶ谷市、ふじみ野市、熊谷市、鴻巣市、坂戸市、深谷市、川越市、大里郡寄居町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、鶴ヶ島市、東松山市、日高市、入間郡越生町、入間郡毛呂山町、比企郡ときがわ町、比企郡滑川町、比企郡吉見町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡鳩山町、比企郡嵐山町、富士見市 東京都区内 足立区
C 多摩地域 国立市、昭島市、日野市、八王子市、立川市
D 神奈川県 愛甲郡清川村、伊勢原市、海老名市、厚木市、座間市、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、愛甲郡愛川町、横浜市鶴見区、川崎市幸区、川崎市川崎区、川崎市中原区、川崎市高津区、小田原市、秦野市、足柄下郡箱根町、足柄上郡開成町、足柄上郡山北町、足柄上郡松田町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、南足柄市 多摩地域の一部 町田市、稲城市 静岡県 駿東郡小山町
E 山梨県 甲州市、甲斐市、甲府市、山梨市、西八代郡市川三郷町、中央市、中巨摩郡昭和町、笛吹市、南アルプス市

第5グループ
A 栃木県 宇都宮市、日光市、矢板市、塩谷郡塩谷町、さくら市、那須烏山市、大田原市、那須郡那珂川町、芳賀郡市貝町、芳賀郡茂木町、河内郡上三川町、塩谷郡高根沢町、鹿沼市
B 群馬県 伊勢崎市、吾妻郡草津町、吾妻郡中之条町、吾妻郡長野原町、吾妻郡嬬恋村、高崎市、佐波郡玉村町、渋川市、前橋市、安中市、甘楽郡下仁田町、甘楽郡甘楽町、甘楽郡南牧村、多野郡神流町、藤岡市、富岡市 埼玉県 児玉郡上里町、児玉郡神川町、深谷市、秩父市、本庄市、三郷市、草加市、八潮市、熊谷市、行田市、越谷市、川口市、児玉郡美里町 東京都区内 荒川区、足立区
C 千葉県 我孫子市、鎌ケ谷市、松戸市、柏市、野田市、流山市、船橋市、浦安市、市川市
D 神奈川県 平塚市、中郡大磯町、中郡二宮町、伊勢原市、茅ヶ崎市、厚木市、秦野市、海老名市、高座郡寒川町、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市宮前区、川崎市高津区、愛甲郡愛川町、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市泉区、横浜市南区、鎌倉市、藤沢市、愛甲郡清川村、座間市 多摩地域 町田市 山梨県の一部 上野原市、南都留郡道志村
E 山梨県 甲州市、山梨市、大月市、都留市、南都留郡山中湖村、南都留郡西桂町、南都留郡忍野村、南都留郡富士河口湖町、南都留郡鳴沢村、富士吉田市、北都留郡小菅村、西八代郡市川三郷町、南巨摩郡身延町、南巨摩郡南部町、南巨摩郡富士川町、上野原市 静岡県 伊東市、伊豆の国市、伊豆市、下田市、賀茂郡河津町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡南伊豆町、三島市、沼津市、田方郡函南町、熱海市、富士宮市、富士市

※東京23区の内、荒川区、足立区を除く地域(千代田区、中央区、港区、豊島区、新宿区、渋谷区、品川区、目黒区、大田区、江東区、墨田区、台東区、江戸川区、葛飾区、文京区、北区、板橋区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区)は原則として計画停電は実施しない。
4月以降の計画停電は原則として実施しない予定。