雑誌・新聞型ブログリンクサイト向上blogコム
サッカーのルール・基礎知識-サッカー用語・ポジション・オフサイドetc-
サッカーに関する趣味入門総合サイト。サッカーのルール・ピッチ・道具・基本的なサッカー用語・オフサイドの説明・ポジション別(FW・MF・DF・GK)の役割などについて初心者の方にも解り易く解説していきます。
ブログリンクサイト向上blogコム初めての趣味入門向上コムとはブログリンク登録するサイトマップ利用規約よくある質問Q&A
リンク参加ブログ募集中
メニュー

スポンサードリンク

初心者向け日記集
『 向上blogコム 』
向上コムはブログ初心者・ビギナー向けの趣味・資格・生活ブログポータルサイト!「趣味の習い事教室日記」「スポーツの練習日記」「資格取得・検定試験勉強日記」など様々な趣味資格体験日記を紹介。面白い体験談や経験談・成功秘話や失敗談・興味深い苦労話や裏話・雑記・記録用のメモ帳・コツやポイントなどの独自の勉強法・練習方法を掲載した日記、雑学(トリビア)や基礎知識・専門用語などを網羅した記事、感想・批評を記したコラムやエッセイなど、個性的で人気の高いブログが満載です。日記を読んで新しい趣味や生き甲斐・資格・仕事を始めよう!

国内・海外からも
日本全国全地域のブロガーを紹介!
北は北海道札幌から仙台 新潟 宇都宮 東京都内 神奈川横浜 川崎 千葉 埼玉 静岡 神戸 京都 奈良 北九州 宮崎 福岡 鹿児島 沖縄県那覇まで全国47都道府県・市区町村、さらにアジア ヨーロッパ アメリカなど、様々な地域の趣味・資格ブログを紹介!
※アメブロ、ココログ、ヤプログ、ライブドア、ヤフー、ドリコム、FC2、シーサー、エキサイト、アセラ、楽天などの有名ブログサービスからみなさん参加中です。ブログが初めての素人ブロガー・初級者ブロガーからオリジナルの自家製ブログで参加中の上級者ブロガーまで、学生から主婦・サラリーマン・先生・20代30代女性・40代おじさん・中高年・お年寄りの方まで幅広く参加中! 全国からのご参加お待ちしています!
向上blogコムに参加

1. サッカーの歴史と現状/発祥・世界国内事情

2. サッカーのルール/基礎知識・道具

3. サッカーの魅力/フットボールの醍醐味

4. サッカーを観戦しよう/国内海外観戦のコツ

5. サッカーを始めよう/週末の草サッカーに参加

6. サッカー関連グッズ紹介/お薦めコレクション

※向上blogコムはブログ初心者向けの趣味・資格・生活ブログポータルサイト!「趣味の習い事教室日記」「スポーツの練習日記」「資格取得・検定試験勉強日記」など様々な趣味資格体験日記を紹介! ⇒リンク参加する

サッカーのルール

サッカーのルール1
サッカーは1チーム11人で行い、1つのボールを主に足で扱って相手のゴールに決めて得点を競うスポーツです。
フィールドプレーヤー10人は手を使ってはならず、チームに1人いるゴールキーパーのみ決められたエリア内で手を使う事が許されています。


【ピッチ・道具】
試合を行うピッチの大きさは縦105メートル、横68メートル程度で芝生が基本(アマチュアや草サッカーは土の場合が多い)、サッカーゴールの大きさは幅7.32メートル、高さ2.44メートル。バレーボールのネットの高さとほぼ同じです。
ピッチの中央にセンターサークル(試合開始時に相手が入ってはいけないエリア)があり、ゴールの前にペナルティエリア(ゴールキーパーが手を使う事ができるエリア)があります。
選手が着用しなければならない道具は、「チームユニフォーム一式(シャツ・パンツ・ストッキング)」「スパイクシューズ」「レガース(すね当て)」。 あとは5号球のサッカーボールが1つです(小学生までは4号球)。


【試合時間】
試合時間は45分ハーフ(前半45分・後半45分の合計90分)で、延長の場合はさらに30分(延長前半15分・後半15分)、それでも勝敗が決まらない場合は各チームがキッカー5人ずつを選び、5対5のPK戦を行います。 各国のリーグや大会規定によって延長Vゴール・引き分け・延長をせずにすぐPK戦を行うなどの違いがあります。
また、選手の怪我や交代などでプレー以外に要した時間を考慮して、レフェリーがロスタイムを2〜3分程度とることがあります。


【選手数・交代】
1チーム11人(ゴールキーパー1人・フィールドプレーヤー10人)で試合を行い、ベンチに5人程度の控え選手がいます。 選手の交代は3人〜7人まで(リーグや大会規定などにより多少異なります。)で、ボールがタッチラインを出るかファールで試合が中断した時にレフェリーの指示の下に交代をすることができます。 バスケットやハンドボールとは違い、一度交代した選手が再びピッチに入る事は出来ません。


【審判員・レフェリー】
ピッチ内に主審が1人。ピッチの外側(タッチライン上)にフラッグを持った2人の副審。合計3人の審判員がいます。 主審はピッチ内を走り回って、ファールがあればホイッスルを吹き、スムーズ且つ安全に試合が行われるようコントロールします。 タッチライン上でフラッグを持った副審はスローインやゴールキック・コーナーキック・オフサイドのジャッジをし、副審のジャッジを元に主審が判断して笛を吹きます。 大会によってはベンチの側にもう1人予備審判がいます。


サッカーのルール2

【オフサイド】
サッカーは基本的に「手以外の箇所でボールを扱う」というルールを守るだけで試合が出来るほどのとてもシンプルなスポーツです。
ただ1つ初心者にとっては解りづらいルールがあります。それが「オフサイド」です。
オフサイドというのは簡単に説明すると“ゴール前で待ち伏せをしてはいけません/攻撃の選手が相手ゴール前に張り付いていてはいけません”というルールです。
ピッチの中心にあるセンターラインをハーフウェイラインと呼び、そのハーフウェイラインから先の相手側のピッチでボールを受ける際は必ず相手チームの選手が2人以上残っていないといけないというルールです。

『A選手がB選手にパスを出そうとボールを蹴った瞬間、B選手のポジションが相手チームの一番後ろにいる2人よりも奥(相手ゴール寄り)にいた場合はオフサイドの反則』

A選手がB選手にボールを蹴った瞬間にはB選手が相手チームの一番後ろの2人より手前にいた状態であれば、B選手がボールを受け取った時に相手チームの一番後ろの2人より奥(相手ゴールより)にいたとしてもオフサイドにはなりません。
基本的にゴールキーパーがディフェンスの選手より前にいる事はないので、3〜4人いるディフェンダーの中で一番後ろにポジションを取っている選手がオフサイドラインと考えると解り易くなります。
数年前にオフサイドの細かなルールが改正され、プレーに関与していない選手であればオフサイドポジションにいても反則にならないなど、よりスピーディーでアグレッシブなサッカーが展開される要素の1つにもなっています。
ミッドフィルダーの選手がスルーパスを出し、フォワードの選手がディフェンスの最終ライン(オフサイドライン)ギリギリで抜け出してボールを受けるなどのせめぎ合いもサッカーの見所の1つです。


【スローイン】
ボールがピッチの横のライン(サイドライン/タッチライン)から出ると相手チームのスローインになります。
両足を地面につけた状態で両手でボールを持ち、頭の上を通るように投げます。 ゴールキーパー以外のフィールドプレーヤーが唯一手でプレーできる所です。
ロングスローを投げる選手がいるチームではスローインがコーナーキックと同等のチャンスになる為、相手チームにとっては脅威となります。
誤ったフォームでスローインをするとファールスローとなり相手側のスローインになります。


【ゴールキック/GK・コーナーキック/CK】
ボールがピッチの縦のライン(ゴールライン/ゴールポストがある側のライン)から出た場合、自陣のゴールラインの外に相手がボールを出した場合は自分達のチームのゴールキックで試合再開(主にゴールキーパーが蹴る事が多い)。 自分達のチームがボールを出した場合は相手チームのコーナーキックになり、ゴールラインの角からのフリーキック(コーナーキック)で試合が再開されます。
近年のサッカーはコーナーキックからの得点が多く、勝敗を左右する非常に重要なセットプレーの1つです。 背の高いディフェンスの選手はコーナーキックの際は強力な武器になります。ボンバーヘッドでお馴染みの日本代表の中澤佑二選手や田中マルクス闘莉王選手はコーナーキックなどのセットプレーでの得点率が非常に高いことで有名です。 後半ロスタイム、どうしても点が取りたい場合などは攻撃側のチームのゴールキーパーまでコーナーキックに参加する事があります。


【フリーキック/FK】
ファール(反則)があった場合、反則があった場所にボールを置いて、(相手選手が)9.15メートル以上離れた状態で試合を再開させます。
オフサイドやハイキックなど軽めの反則の場合は「間接フリーキック」と呼び、2人以上がボールに触れないと直接シュートを決めてもゴールとして認められません。 その他の通常の反則の場合は「直接フリーキック」となり、直接シュート撃ってゴールを決めても得点になります。
フリーキックはコーナーキックと同様に得点の可能性が高く、特にゴール前のペナルティーエリア付近でのフリーキックは直接シュートが狙える分得点の可能性も高まります。
日本では中村俊輔選手がフリーキックの名手として有名です。世界的には現在アメリカのメジャーリーグサッカーで活躍するベッカム選手やブラジル代表で現在トルコのフェネルバフチェで活躍するロベカルことロベルトカルロス選手が有名です。
ベッカム選手は中村俊輔選手と同様にカーブをかけてボールを曲げるフリーキックを蹴り、ロベルトカルロス選手はストレートやシュート回転の強烈なフリーキックを蹴り、その常識を覆すほどのボールの軌道の変化は物理学者の研究対象になったとも言われています。
最近ではポルトガル代表でマンチェスターユナイテッド(イングランド・プレミアリーグ)に所属するクリスティアーノ・ロナウド選手を筆頭に、無回転のナックルボールを蹴る選手が増えてきています。


【ペナルティーキック/PK】
守備側のペナルティーエリア内(ゴールキーパーが手を使うことのできるエリア)で攻撃側の選手がファールを受けた場合、攻撃側にペナルティーキックが与えられます。
ペナルティーキックはゴールから11メートル離れた地点から蹴ります。 相手ディフェンダーに邪魔をされることなくゴールキーパーと一対一でシュートを撃つ事ができる為、約8割の確率でゴールが決まります。 勝敗を左右する非常に重要なペナルティー(罰則)となります。
最近では攻撃側の選手がペナルティーエリア内でわざと倒れてペナルティーキックを得ようとするプレーに対し、イエローカードを出すなど厳しいジャッジをするようになりました。
前後半・延長戦でも試合が決着しない場合に行うPK戦も同様の形式で行われます。PK戦の場合、5人ずつが交互にシュートを撃って勝敗を決し、それでも決まらない場合はさらに1人ずつ交互に蹴り勝敗を決めます。
テレビを観ていると素人でも簡単に決められそうと思ってしまいますが、そのプレッシャーは想像をはるかに超えるもので、特に大きな大会になればなるほどそのプレッシャーが選手達にのしかかってきます。
1994年アメリカW杯の決勝戦で、当時世界で最も輝いていたイタリア代表ロベルト・バッジョ選手がPKを枠の外に外して負けてしまった事は有名な話です。 また、世界一のクラブチームを決めるトヨタカップ(現在のクラブワールドカップ)の決勝戦で、ACミランのコスタクルタというベテラン選手が緊張のあまり地面を蹴ってPKを止められてしまうということもありました。 世界最高峰の選手でもPK戦のプレッシャーに押しつぶされてしまう、それほどPK戦は強い精神力と勇気、幸運が必要なものなのです。


【警告・退場】
選手が怪我をするような危険なプレーや、スポーツマンとしてふさわしくない非紳士的なプレーをした場合、警告としてレフェリーがイエローカードを出す事があります。
イエローカードを1試合に2枚受けると累積警告、レッドカードで退場になります。その試合はもう出場する事が出来ません。
選手生命にかかわるような大きな怪我をしかねない悪質なファールや暴力行為・暴言・完全に得点になるような状況をファールで止めた場合などはレッドカードで一発退場になります。(リーグによっては次の試合も出場停止になる事があります。)
時折審判に暴言を吐いた監督がレッドカードを提示されて退場になることがありますが、正式な記録・カードを出した効力については定かではありません。


サッカーポジション説明

【フォワード/FW】
シュートを撃ってゴールを決める花形の選手が「トップ」と呼ばれるフォワード(FW)の選手。豪快なシュートや華麗なドリブル突破など攻撃の中心を担います。
“カズ”こと三浦知良選手や“ゴン中山”こと中山雅史選手、現在の日本代表では高原直泰選手などが有名です。三浦選手や中山選手は40歳を過ぎた今も共に現役で活躍しています。
世界的にはFCバルセロナのサミュエル・エトー選手やティエリ・アンリ選手、レアルマドリードのルート・ファン・ニステルローイ選手、マンチェスターユナイテッドのウェイン・ルーニー選手など挙げればきりがないほど素晴らしい選手がたくさんいます。
日本の決定力不足の原因は、ストライカー(点取り屋)と呼ばれる得点能力の高いフォワードがいない事にあるとも言われています。


【ミッドフィルダー/MF】
一番ボールを触る機会が多いのがミッドフィルダー(MF)という中盤の選手です。
「トップ下」と呼ばれるオフェンシブハーフ(攻撃的ミッドフィルダー)の選手は攻撃の要としてフォワードにスルーパスを出したり自らシュートを撃ってゴールを狙います。中村俊輔選手やブラジル代表のカカ選手、主に左サイドやフォワードに近い位置でプレーするロナウジーニョ選手などテクニックに優れた選手が多いポジションです。
「ボランチ」と呼ばれるディフェンシブハーフ(守備的ミッドフィルダー)の選手はパスを繋いでゲームを組み立てたり、アグレッシブなプレーで相手選手からボールを奪い取ります。 パスでゲームを組み立てる中村憲剛選手やイタリア代表のピルロ選手、走り回ってボールを奪う鈴木啓太選手やイタリア代表のガットゥーゾ選手など、見えないところでチームに貢献する選手が多いポジションです。



【ディフェンダー/DF】
自陣で守備をするディフェンダー(DF)は相手の攻撃を体を張って抑え、献身的にチームを支えます。時に屈強な体やスピードを活かしサイド攻撃やコーナーキックなどで攻撃参加をします。 ボンバーヘッドの長身DF中澤佑二選手や元日本代表キャプテンのマスクマン宮本恒靖選手が有名です。
世界的にはイタリア代表でACミランで活躍するネスタ選手やパオロ・マルディーニ選手やレアルマドリードのファビオ・カンナバーロ選手、超攻撃的なサイドバックのブラジル代表のロベルトカルロス選手が有名です。


【ゴールキーパー】
サッカーで唯一手が使えるポジションのゴールキーパーはチームの危機を救う守護神です。最後の砦として相手チームからのシュートを身を挺して防ぎます。日本代表のベテランGK川口能活(よしかつ)選手や楢崎正剛選手が有名です。 世界的にはドイツ代表のオリバー・カーン選手やブラジル代表のジダ選手、イタリア代表のブッフォン選手が有名です。ドイツなどヨーロッパではゴールキーパーはとても人気のあるポジションです。
過去にはコロンビア代表にイギータというヒゲにドレッドヘアの個性的な選手がいました。彼はゴールキーパーにもかかわらず足を使ってピッチの中央まで進み観客を湧かせるなど非常にユニークな選手でした。 メキシコ代表にはホルヘ・カンポスという身長が168センチほどしかないフォワードもできるゴールキーパーがいたり、PKやフリーキックを蹴って点を取るパラグアイ代表のチラベルトというゴールキーパーがいたりと、1990年代は非常に個性的でユニークな選手がたくさんいました。


サッカー初心者物語  サッカー中年「富所よしかず」の小さな物語…

第2話 〜息子が少年サッカーのチームに入団、息子の初の練習を見学〜

 どうもこんにちは、42歳中年サラリーマン富所よしかずです。先日話をしたとおり、うちの息子が少年サッカーチームに入りました。 地元のサッカークラブをインターネットで調べてみたらいくつか見つけることができ、それで家から近い所にあるスポーツ少年団のサッカーチームに入ることになりました。 息子はもうワクワクドキドキで初めての練習参加が楽しみで仕方がないようです。
とりあえず週末に息子と一緒に近所のサッカーショップに行き、サッカーシューズとジャージ上下、ゲームシャツ、パンツ、ソックス、4号サイズのサッカーボールを買いました。 いろんなデザインのものが売ってるんですね。私が学生の頃は足首がキュッとしまったパツンパツンのジャージしか置いてませんでしたよ。
シューズは一応トレーニングシューズという底がゴム製のものにしました。小学生の頃から底の固いスパイクばかりを履いていると膝に良くないみたいです。とサッカーショップのお兄さんが教えてくれたからです。 最初どんなシューズにしたら良いかわからずとりあえずヨネックスを探して店の中をグルグルしていましたが、置いていないものを探して彷徨っている私を見かけた店員さんが靴選びから何からとても親切に教えてくれたので助かりましたよ。 「ポイントカードお持ちですか?お作りしますか?」と言われたので思わず作ってしまいました。
早速帰ってから息子と公園でサッカーの練習をしました。息子は新品のジャージとシューズで満足気、私は汚れても良いトレーナーと昔履いていた足首がキュッと詰まったジャージのズボン。上がダボッとしていて下がキュッとしているのでまるで男性トイレのマークのようでした…。私もジャージ買おうかな…。
一緒にボールを蹴っていて、息子の意外なサッカーセンスに驚いています。結構器用にコントロールしてボールを蹴っているんです。 自分の息子ながらこの子は才能があるんじゃないかなんて思ってしまいました。
もうその次の日はひどい筋肉痛ですよ。年寄りは二日目から来るとよく言いますが、翌日から足がガクガクなんですが…。運動不足すぎでしたね…アイタタタッ。
で、その次の週末、息子の始めての少年サッカーの日。天気も良く気温も暖かく、サッカーをするのには恵まれた日となりました。私もビデオカメラ持参です。撮る気満々です。 25歳くらいの若いコーチが2人と地元の小学生20人くらいの小さなチーム。上は小学6年生から下は4年生まで、この下に1年生から3年生のグループがあるらしく今日は小学校低学年のミニサッカー大会があり別行動のようです。 うちの息子は小学校4年生。このチームでは一番下の学年です。
まずは準備運動、グラウンドを1周走ってからコーチを中心に丸くなってストレッチ。もちろん息子のサッカー人生初のストレッチもビデオに収めています。
次に円の中で各自ドリブル。ゴチャゴチャしていて時折円の外に出てダッシュしてボールを拾う子が出てきます。 うちの子は今のところ円から出てない。よしっ(ちょっとガッツポーズ)。あぁ…、息子も出た…。
それからはミニゲーム。息子はゼッケン赤チーム。ゼッケンっていう呼び方が古い?え?今ビブスって言うんですか?初めて知りました。ギブスみたいですね。ふっ、ふふ…(笑)。 小学4年生でまだ体の小さい息子は大きな6年生にはどうしても負けてしまいます。小学校の頃の2年の差ってかなり大きいですからね。息子も小さいなりに負けじと頑張っています。頑張れ。
少年サッカーチームの練習が終わり、充実した表情の息子と今日のサッカーの話をしながら帰宅している途中、息子からふと「お父さんもサッカーしよう」と言われました。 え、サッカーか…、今までサッカーなんてほとんどやったことないし、どうしたら良いかもよくわからない状態だったので、とりあえず「うん、お父さんも時間があるときにやってみようかなぁ…。」とどちらとも取れないような返答をしてしまいました。
そうだなぁ、サッカーかぁ…。息子は特に私の答えを気にしている様子はなく、今日は楽しかったという気持ちの中でなんとなく言ったようでした。

“サッカー”“ルール”お薦め・人気キーワード辞典
〜サッカー関連のお薦め商品・特徴・販売価格の相場・口コミ・お薦め・今流行りの人気グッズを続々紹介!〜

アディダス adidas レフェリーカード
Jリーグの審判(主審)が使用している警告カードもサッカー専門用品として販売されています。イエローカードにレッドカード、少年サッカーのコーチをしているお父さんや先生に是非お勧めのアイテムです。 指導にも便利な上、意外と子供たちに人気のあるサッカー用具・小物の1つでもあります。アディダス製の警告カードの他に、モルテン製、Jリーグのマーク入りのイエローカード・レッドカードなどもあります。 ホイッスル(笛)や副審用のアシスタントレフェリーフラッグ、コイントス用のコイン、審判用ユニフォームなど、審判用小物も充実しています。最近ではサッカー検定も流行している影響もあり、その延長で審判講習や資格試験を受験するお父さんや女性も増えてきています。 販売価格(相場):630円前後。

adidas アディダス サッカー 施設備品 タクティックボード(作戦板)
サッカーの戦術を選手に伝え試合の作戦を立てる際に使用する作戦板(タクティクス・ボード)です。 ホワイトボード製なのでペンで指示内容を書き込みながら、さらにマグネットで選手やボールの動きを解り易く伝えることの出来る優れものです。 小学校のサッカースクールから中学校高校の部活動、大学の体育会サッカー部、サークル、社会人、クラブチーム、プロに至るまで全てのカテゴリーで作戦板は愛用されています。 小学生の子供たちにサッカーのルール(オフサイドや基本的な戦術)を教える場合にも作戦板が1つあるととても便利です。 アディダス製以外にも、モルテンの大型作戦盤も人気です。戦術理解・チームコンセプトを解り易く表現でき、チーム内でのコミュニケーションを助けるマストアイテム(必需品)です。 販売価格(相場):3780円前後。

ニュース・トピックス 〜最近起こった主な出来事やニュース・話題などの簡単な説明〜

なでしこジャパン、川澄の2ゴールでスウェーデンを破り女子W杯決勝へ進出(2011年07月14日)
女子サッカー・ワールドカップ、女子サッカー日本代表は14日に行われた決勝トーナメント準決勝でスウェーデンと対戦。前半早々にスウェーデンに先制点を奪われるが、FW川澄菜穂美(INACレオネッサ)のゴールで同点に追いつくと、後半にエース澤穂希、川澄菜穂美のゴールで逆転。その後もDF熊谷紗希(浦和レッズレディース)やDF鮫島彩(ボストン・ブレイカーズ/アメリカ)らの献身的な守備で守りきり3−1で勝利。初のW杯決勝進出が決定した。また、オリンピック・W杯を通して日本女子サッカー界初のメダルが確定した。決勝戦の相手はFIFA世界ランキング1位のアメリカ。日本時間18日の午前3:45からフジテレビで放送される予定。

J2プレーオフ制導入へ検討(2011年07月12日)
サッカーJリーグ2部(J2)で、来シーズンからプレーオフ制を導入する可能性が浮上してきた。現在はJ1下位3チームが降格しJ2上位3チームが自動的に昇格する自動入れ替え制が採用されている。

浅田真央と小塚崇彦がペア、練習公開(2011年07月11日)
2010年のバンクーバー冬季オリンピックで銀メダルを獲得した女子フィギュアスケートの浅田真央選手(中京大)と2011年の世界選手権で2位に輝いた小塚崇彦選手(トヨタ自動車)が、愛知県豊田市の中京大アイスアリーナで初のペア練習を公開した。 23日から愛知、青森、大阪で開催される東日本大震災のチャリティーアイスショーで披露される予定。

なでしこジャパン、開催国ドイツを破りベスト4進出(2011年07月10日)
女子サッカー・ワールドカップでのメダルを狙う女子サッカー日本代表は、10日に行われた決勝トーナメント1回戦で開催国で前回前々回のワールドカップ覇者ドイツと対戦。延長戦で澤穂希選手の正確なフィードを受けた丸山桂里奈選手が値千金のゴールを決め1−0で勝利。日本女子サッカー史上初の女子ワールドカップベスト4進出となった。次戦は13日にドイツのフランクフルトでスウェーデン対オーストラリアの勝者と対戦する。

HIDEBOHが日本ジャズダンス芸術協会特別公演に出演(2011年07月10日)
8月7日に新国立劇場中劇場で行われる日本ジャズダンス芸術協会特別公演に、日本のタップダンス界の第一人者HIDEBOHこと火口秀幸が出演。HIDEBOHはタップダンス集団THE STRiPES(ザ・ストライプス)に所属するタップダンサー。北野武監督作品「座頭市」のタップダンス指導・演出・出演をした人物でも知られる。

USAジャパン・チアリーディング大会開催(2011年07月10日)
アメリカ西海岸ナンバー1のチアリーディング普及団体USA(ユナイテッド・スピリッツ・アソシエーション)が主催するチアリーディング・ソングリーディング・ダンスの祭典が日本トップレベルのチームを募り今年も開催される。 7月17日18日に駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館に於いてジュニア・チャレンジコンペティション2011、8月2日に守口市民体育館に於いてジュニア・チャレンジコンペティション2011WEST、8月20日に船橋アリーナに於いて高校生以上の学生を対象としたNoviceチャンピオンシップ2011が行われる。 また、USAチアフェスティバル2011が10月16日に北本市体育センター(埼玉県北本市)で開催される。実施部門は、アピール部門、パートナースタンツ部門、チームパフォーマンス部門を予定。昨年は世界大会で2位に輝いた桜美林大学CREAM、男子チアリーディングチームの早稲田大学ショッカーズなど実力のあるチームが出場。

アクエリアス新CMで北島、石川、本田が夢の3競演(2011年07月09日)
7月9日よりオンエアされたアクエリアスの新コマーシャルで水泳の北島康介選手、ゴルフの石川遼選手、サッカーの本田圭祐選手が夢の競演を果たした。

なでしこジャパン決勝トーナメント一回戦の相手は開催国ドイツ(2011年07月07日)
女子サッカー・ワールドカップでのメダルを狙う女子サッカー日本代表は、5日に行われたイングランドとの対戦で0−2で敗れ、B組2位での決勝トーナメント進出となり、一回戦の相手が開催国のドイツに決定した。ドイツは前回前々回のワールドカップで優勝している強豪国。

柔道場経営者を男児への猥褻行為で逮捕(2011年07月07日)
7月6日、合宿中に男子児童の下半身を撮影したとして、準強制わいせつ容疑で不動産会社役員佐藤雄彦容疑者(46)が再逮捕された。 佐藤容疑者は柔道の経験がないにも関わらず柔道6段を装い道場を経営していた。

サッカーU−17日本代表、惜しくもブラジルに敗れる(2011年07月05日)
メキシコで開催されているサッカーU−17ワールドカップ。快進撃を続けていた日本代表は準々決勝で強豪ブラジルと対戦。惜しくも2−3で敗れた。しかし日本の技術の高さとパスワークは開催国のメキシコをはじめ多くの国で評価を受けた。

ソフトボールが2020年夏季オリンピックの採用競技候補に(2011年07月05日)
2020年に行われる夏季オリンピックの競技種目の候補にソフトボールが選ばれた。ただしソフトボールの他に、野球、空手、ローラー競技、スカッシュ、ウェイクボード、太極拳、クライミングの合計8競技が候補に挙がっており、採用はこの中から1競技となる予定。

2014年ソチ冬季オリンピック、新たに新種目12競技を追加(2011年07月05日)
2014年に開かれるソチ冬季五輪の競技種目に、新たに12の新種目を追加することが発表された。スキー男女スロープスタイル、スノーボード男女スロープスタイル、男女パラレル回転、スキー女子ジャンプ、フィギュアスケート団体、スキー男女ハーフパイプ、バイアスロン混合リレー、リュージュ・リレーの合計12競技が加わる。

熊川哲也氏が芸術監督に就任(2011年07月05日)
クラシック、オペラ、バレエの劇場として知られるBunkamuraオーチャードホールの芸術監督にバレエダンサーの熊川哲也氏が就任することが発表された。熊川氏は1989年に東洋人で初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団。1999年にKバレエカンパニーを創設し、振付・演出家としても活躍している。

フラダンス世界大会、日本予選(2011年07月03日)
7月2日に宮崎県でフラダンスの国内最大規模の大会が開かれた。この大会はフラダンスの世界大会「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」の予選を兼ねており、60を越えるチームがダンスを発表。本場ハワイでの出場権を賭けて競い合った。

名古屋オーシャンズがフットサル・アジアクラブ選手権優勝(2011年07月02日)
カタールのドーハで決勝が行われたフットサル・アジアクラブ選手権で、Fリーグに所属する名古屋オーシャンズが優勝。小暮賢一郎、森岡薫らの活躍で初のタイトルを獲得した。

インテル長友佑都選手の完全移籍が正式決(2011年07月02日)
サッカー日本代表でイタリア・セリエAの名門インテルに所属する長友佑都選手のインテルへの完全移籍が正式に決定。5年契約で年俸は200万ユーロ(2億3400万円)。現役選手としてはドイツ・ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人選手を越えて日本人トップの年俸。

高校女子初のラグビー7人制全国大会開幕(2011年07月01日)
7月26日から長野県菅平で行われるKOBELCOカップ2011に於いて、高校女子初の7人制ラグビーフットボール大会が開催される。7人制ラグビーは男女共に2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックの正式種目に決定している。女子の競技人口増加の切欠になる大会として期待される。

ガンバ大阪・宇佐美貴史選手がドイツの名門バイエルン・ミュンヘンに移籍(2011年06月30日)
Jリーグ・ガンバ大阪の宇佐美貴史選手(19)のドイツ・ブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘンへの移籍が正式に決定。期限付きのレンタル移籍で両クラブが合意。

アメリカンフットボール日本代表45人を発表(2011年06月21日)
7月に行われるアメフトの世界選手権に出場する日本代表選手45人を発表。QB(クォーターバック)には東野稔(アサヒビールシルバースター)、菅原俊(オービックシーガルズ)、高田鉄男(パナソニック電工インパルス)の3選手が選出されている。

名古屋オーシャンズのリカルジーニョがロシアのCSKAに移籍(2011年06月13日)
Fリーグの名古屋オーシャンズに所属するリカルジーニョ選手(25)がロシアのCSKAモスクワに1年間の期限付きで移籍することが決定した。昨年ポルトガルリーグのベンフィカから名古屋へ移籍。リーグ優勝に貢献し最優秀選手に選ばれている。

Fリーグ・ステラミーゴいわて花巻に相根澄監督が就任(2011年06月12日)
Fリーグに所属する岩手県を本拠地とするクラブ・ステラミーゴいわて花巻の監督に、相根澄監督が就任した。相根氏は現役時代、日本のフットサル界の第一人者として活躍。日本人選手として初めてフットサル・セリエAプレーヤーとなった人物。

今井翼がフラメンコを披露(2011年01月23日)
全国6都市でソロツアーを行っている人気アイドルグループ・タッキー&翼の今井翼(29)が得意のフラメンコを披露。情熱的なダンスでファンを魅了した。

入門1 サッカーの歴史と現状/発祥・世界国内事情

入門2 サッカーのルール/基礎知識・道具

入門3 サッカーの魅力/フットボールの醍醐味

入門4 サッカーを観戦しよう/国内海外観戦のコツ

入門5 サッカーを始めよう/週末の草サッカーに参加

入門6 サッカー関連グッズ紹介/お薦めコレクション











現在リンク参加ブログ募集中!初心者向けのブログリンク集!!⇒ リンク参加はこちら
トップ リンク登録 サイトマップ よくある質問Q&A 利用規約 管理人室
Copyright © 雑誌・新聞型ブログリンクサイト向上blogコム 2006-2010 All Right Reserved
メールアドレス不要、初めてリンク集に参加される方にお薦めの“初心者向けのブログリンク集”

スポーツ・音楽他 ブログ・カテゴリー一覧
サッカーサッカー観戦フットサル野球野球観戦バスケットボールバレーボールテニスソフトボールマラソン陸上競技水泳トライアスロンゴルフ柔道・剣道・空手他ストリート系ダンスラテンダンスモダン・ジャズダンス社交ダンスチアリーディングタップダンスフラダンスバレエスカッシュスキー・スノーボードラグビーアメリカンフットボールラクロスバドミントンハンドボール卓球弓道・アーチェリーフィギュアスケートプロレス体操・新体操ヨガ・ピラティスエアロビクスウォーキングスポーツクラブアウトドア登山クライミング釣りマリンスポーツヨット・カヌーモータースポーツ格闘技相撲ビリヤードダーツボウリング自転車車・バイク障害者スポーツその他のスポーツスポーツ観戦全般指導・チーム音楽・演奏声楽ピアノエレクトーン管楽器弦楽器打楽器邦楽器・民族楽器作詞・作曲バンド・シンガー劇団・舞台囲碁・将棋鉄道


資格・講座・教室・スクール一覧雑学・トリビア・人物・専門用語・基礎知識一覧 Vol.1 雑学・トリビア一覧表 Vol.2 雑学・トリビア一覧表 Vol.3
全国の主なサッカー競技場一覧 東北地方・関東・首都圏/アクセス・最寄り駅全国の主なサッカー競技施設一覧 東海・関西・九州地方/アクセス・交通手段サッカーに関する雑学・豆知識 〜Jリーガーの少年時代・下積み・高校時代編〜サッカー雑学・トリビア・豆知識 2010ワールドカップ南アフリカ大会・日本代表メンバー発表サッカー雑学・トリビア・豆知識 「オリベル・イ・ベンジ」全国の主なフットサル競技施設一覧 関東・首都圏・東北・関西・九州地方/アクセス全国のフットサルチーム一覧 Fリーグ・関東リーグ1部2部・関西・関東女子・東京女子1部2部フットサル用語・雑学・豆知識 Fリーグ試合観戦方法・趣味・個人参加・ポジション説明フットサル雑学・トリビア・豆知識 フットサル個人戦術バイブル・売れ筋参考書


-北は北海道札幌から仙台 東京都内 神奈川横浜 千葉 埼玉 静岡 神戸 京都 福岡 沖縄まで全国47都道府県・市区町村の趣味資格ブログを紹介!-
-趣味の習い事や地域の体験教室・スクール・専門学校の入学体験記・資格取得日記・合格体験記・勉強日記・スポーツの練習日記を随時募集中!-




【東日本大震災にともなう計画停電・対象都道府県・対象となる地域、関東・首都圏及び東海地方の一部地域】

第1グループ
A 栃木県 さくら市、大田原市、那須烏山市、那須塩原市、那須郡那珂川町、那須郡那須町、矢板市、小山市、芳賀郡益子町、芳賀郡市貝町、芳賀郡芳賀町、芳賀郡茂木町、宇都宮市、真岡市、栃木市、下野市、塩谷郡高根沢町、河内郡上三川町
B 群馬県 みどり市、伊勢崎市、桐生市、佐波郡玉村町、前橋市、渋川市、利根郡昭和村
C 埼玉県 さいたま市西区、ふじみ野市、狭山市、志木市、所沢市、新座市、川越市、朝霞市、入間郡三芳町、入間市、富士見市、和光市、秩父郡皆野町、秩父郡小鹿野町、秩父市、大里郡寄居町、秩父郡東秩父村、秩父郡横瀬町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町 多摩地域 東村山市、三鷹市、小平市、清瀬市、西東京市、東久留米市、武蔵野市
D 千葉県 安房郡鋸南町、鴨川市、館山市、君津市、市原市、袖ケ浦市、長生郡長南町、長生郡長柄町、南房総市、富津市、茂原市、木更津市、四街道市、いすみ市、佐倉市、山武郡大網白里町、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市中央区、千葉市美浜区、千葉市緑区、船橋市、長生郡一宮町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡睦沢町、東金市、八街市、八千代市、鎌ケ谷市、白井市
E 神奈川県 横須賀市、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市金沢区、横浜市港南区、鎌倉市、逗子市、藤沢市、川崎市川崎区、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、茅ヶ崎市、厚木市、高座郡寒川町、座間市、相模原市中央区、相模原市南区、大和市、平塚市、横浜市戸塚区、横浜市泉区 静岡県 御殿場市、駿東郡小山町

第2グループ
A 栃木県 下都賀郡岩舟町、下都賀郡野木町、鹿沼市、小山市、栃木市
B 埼玉県 狭山市、坂戸市、川越市、鶴ヶ島市、日高市、入間郡越生町、入間郡毛呂山町、入間市、飯能市、比企郡ときがわ町、羽生市、桶川市、加須市、久喜市、熊谷市、幸手市、行田市、鴻巣市、上尾市、北本市、さいたま市浦和区、さいたま市岩槻区、さいたま市南区、さいたま市緑区、越谷市、春日部市、川口市、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡白岡町、北葛飾郡杉戸町、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、吉川市、三郷市、草加市、北葛飾郡松伏町、蕨市
C 千葉県 佐倉市、習志野市、八千代市、市川市、松戸市、船橋市、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市美浜区
D 多摩地域 稲城市、狛江市、三鷹市、小金井市、多摩市、調布市、府中市、武蔵野市、日野市、八王子市、昭島市、国立市、町田市 神奈川県 相模原市中央区、相模原市緑区、川崎市麻生区、茅ケ崎市、高座郡寒川町、平塚市、横浜市旭区、横浜市瀬谷区、横浜市泉区、横浜市都筑区、横浜市緑区、海老名市、大和市
E 山梨県 甲府市、西八代郡市川三郷町、中央市、笛吹市、南アルプス市、南巨摩郡富士川町 静岡県 三島市、御殿場市、裾野市、駿東郡長泉町、沼津市、熱海市、田方郡函南町、駿東郡清水町

第3グループ
A 栃木県 宇都宮市、塩谷郡塩谷町、下都賀郡壬生町、下野市、鹿沼市、上都賀郡西方町、栃木市、日光市、下都賀郡岩舟町、河内郡上三川町、佐野市、小山市、真岡市、足利市 群馬県 館林市、太田市、邑楽郡千代田町、邑楽郡大泉町、邑楽郡邑楽町
B 埼玉県 志木市、新座市、朝霞市、和光市、さいたま市浦和区、さいたま市岩槻区、さいたま市見沼区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市北区、さいたま市緑区、春日部市、北葛飾郡杉戸町、さいたま市桜区、さいたま市西区、羽生市、桶川市、行田市、鴻巣市、上尾市、北足立郡伊奈町、北本市、熊谷市、児玉郡上里町、児玉郡神川町、児玉郡美里町、深谷市、大里郡寄居町、東松山市、比企郡滑川町、比企郡吉見町、比企郡小川町、比企郡嵐山町、本庄市、入間市、飯能市、所沢市 群馬県の一部 伊勢崎市、太田市、邑楽郡大泉町 多摩地域 あきる野市、羽村市、昭島市、西多摩郡奥多摩町、西多摩郡瑞穂町、西多摩郡日の出町、西多摩郡檜原村、青梅市、八王子市、武蔵村山市、福生市、国分寺市、国立市、三鷹市、小金井市、小平市、西東京市、調布市、東村山市、東大和市、府中市、武蔵野市、立川市、清瀬市、東久留米市 山梨県の一部 北都留郡小菅村、北都留郡丹波山村
C 千葉県 印西市、印旛郡酒々井町、佐倉市、山武郡芝山町、成田市、八街市、富里市
D 神奈川県 川崎市幸区、川崎市中原区、横浜市港北区、横浜市鶴見区、小田原市、秦野市、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町、足柄上郡松田町、南足柄市、横須賀市、鎌倉市、三浦郡葉山町、三浦市、逗子市、横浜市栄区、横浜市戸塚区、横浜市港南区 静岡県の一部 熱海市
E 山梨県 韮崎市、北杜市 静岡県 沼津市、三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町

第4グループ
A 栃木県 下都賀郡岩舟町、佐野市、足利市、栃木市 群馬県 館林市、邑楽郡千代田町、邑楽郡板倉町、邑楽郡明和町、邑楽郡邑楽町、邑楽郡大泉町、みどり市、伊勢崎市、桐生市、太田市 埼玉県の一部 熊谷市、本庄市、加須市
B 埼玉県 川口市、草加市、八潮市、さいたま市浦和区、さいたま市桜区、さいたま市西区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市南区、さいたま市北区、戸田市、さいたま市岩槻区、桶川市、加須市、久喜市、幸手市、上尾市、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡白岡町、北足立郡伊奈町、蓮田市、蕨市、さいたま市緑区、鳩ヶ谷市、ふじみ野市、熊谷市、鴻巣市、坂戸市、深谷市、川越市、大里郡寄居町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、鶴ヶ島市、東松山市、日高市、入間郡越生町、入間郡毛呂山町、比企郡ときがわ町、比企郡滑川町、比企郡吉見町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡鳩山町、比企郡嵐山町、富士見市 東京都区内 足立区
C 多摩地域 国立市、昭島市、日野市、八王子市、立川市
D 神奈川県 愛甲郡清川村、伊勢原市、海老名市、厚木市、座間市、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、愛甲郡愛川町、横浜市鶴見区、川崎市幸区、川崎市川崎区、川崎市中原区、川崎市高津区、小田原市、秦野市、足柄下郡箱根町、足柄上郡開成町、足柄上郡山北町、足柄上郡松田町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、南足柄市 多摩地域の一部 町田市、稲城市 静岡県 駿東郡小山町
E 山梨県 甲州市、甲斐市、甲府市、山梨市、西八代郡市川三郷町、中央市、中巨摩郡昭和町、笛吹市、南アルプス市

第5グループ
A 栃木県 宇都宮市、日光市、矢板市、塩谷郡塩谷町、さくら市、那須烏山市、大田原市、那須郡那珂川町、芳賀郡市貝町、芳賀郡茂木町、河内郡上三川町、塩谷郡高根沢町、鹿沼市
B 群馬県 伊勢崎市、吾妻郡草津町、吾妻郡中之条町、吾妻郡長野原町、吾妻郡嬬恋村、高崎市、佐波郡玉村町、渋川市、前橋市、安中市、甘楽郡下仁田町、甘楽郡甘楽町、甘楽郡南牧村、多野郡神流町、藤岡市、富岡市 埼玉県 児玉郡上里町、児玉郡神川町、深谷市、秩父市、本庄市、三郷市、草加市、八潮市、熊谷市、行田市、越谷市、川口市、児玉郡美里町 東京都区内 荒川区、足立区
C 千葉県 我孫子市、鎌ケ谷市、松戸市、柏市、野田市、流山市、船橋市、浦安市、市川市
D 神奈川県 平塚市、中郡大磯町、中郡二宮町、伊勢原市、茅ヶ崎市、厚木市、秦野市、海老名市、高座郡寒川町、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市宮前区、川崎市高津区、愛甲郡愛川町、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市泉区、横浜市南区、鎌倉市、藤沢市、愛甲郡清川村、座間市 多摩地域 町田市 山梨県の一部 上野原市、南都留郡道志村
E 山梨県 甲州市、山梨市、大月市、都留市、南都留郡山中湖村、南都留郡西桂町、南都留郡忍野村、南都留郡富士河口湖町、南都留郡鳴沢村、富士吉田市、北都留郡小菅村、西八代郡市川三郷町、南巨摩郡身延町、南巨摩郡南部町、南巨摩郡富士川町、上野原市 静岡県 伊東市、伊豆の国市、伊豆市、下田市、賀茂郡河津町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡南伊豆町、三島市、沼津市、田方郡函南町、熱海市、富士宮市、富士市

※東京23区の内、荒川区、足立区を除く地域(千代田区、中央区、港区、豊島区、新宿区、渋谷区、品川区、目黒区、大田区、江東区、墨田区、台東区、江戸川区、葛飾区、文京区、北区、板橋区、練馬区、中野区、杉並区、世田谷区)は原則として計画停電は実施しない。
4月以降の計画停電は原則として実施しない予定。